Yama Go!Go!

Kagoshima Mountaineering Circle

Go!Go!スケジュール 2019

Go!Go!スケジュール 2019

登山スケジュール2019は、ほとんどが初参加向けとシンプルです。7月と8月だけは “沢登り” 。
HP案内の登山計画は前年より減りましたが、他に、宿泊登山やバリエーションなどHPでは案内しない計画もあります。
ラベルの色はページ下段の“info”を参照。
2018年は霧島全面的な規制により大幅変更となったので2019年は大まかに計画。新しい情報はプランで確認してください。

年間スケジュール2019年01月 - 鹿児島登山サークル

01月下旬
開聞岳
距離 登り3.89km, 下り3.89km, 計7.78km、累積高低差 登り855m, 下り855m
標準時間 登り02:40, 下り01:50, 行程4:30

開聞岳の1月は恒例となってきました。
開聞岳に通じる車道が海沿いということで道路凍結となりにくく、山頂は運が良ければ雪がある。自動車が雪道装備でない方でも、少しの雪が経験できるかもしれない・・・ということで開聞岳は1月。
もうちょっと雪山体験したい方は2月に霧島あたりに行きましょう。

年間スケジュール2019年02月 - 鹿児島登山サークル

02月下旬
霧島の山
樹氷を見に行きましょう!韓国岳かな~。
距離 登り3.80km, 下り3.80km, 計7.60km、累積高低差 登り643m, 下り643m
標準時間 登り02:00, 下り01:40, 行程3:40

車はスノータイヤかチェーンが必要です。せっかくなら吹雪いた日に行きたいですよね。
アイゼンはチェーンアイゼンではいけません。6本爪以上です。

年間スケジュール2019年03月 - 鹿児島登山サークル

03月中旬
紫尾山
距離 登り3.93km, 下り3.04km, 計6.95km、累積高低差 登り715m, 下り716m
標準時間 登り02:30, 下り01:10, 行程3:40

紫尾山は九州百名山なのに一度も行ったことありません。
山ビル生息で季節を選びたいのと、一番の敬遠材料は、山頂付近まで自動車道が通っているということ orz
これでは優先順位が相当下がりますが、九州百名山ということと、北薩の山により樹氷が有名らしいので、今期は下見も兼ねて行ってみましょう。

年間スケジュール2019年04月 - 鹿児島登山サークル

04月上旬
白鳥山
距離 登り3.63km, 下り1.92km, 計5.55km、累積高低差 登り272m, 下り272m
標準時間 登り01:40, 下り00:55, 行程2:35

12~3月までは、参加申し込みを遠慮がちになるでしょうから、4月は早速、霧島では一番のどかで規制にかかりにくい白鳥山を計画します。
駐車場も広々しているので、初参加受け入れもいつもよりは少し多めに拡大。

年間スケジュール2019年05月 - 鹿児島登山サークル

05月上旬
烏帽子岳

烏帽子岳は鹿児島にたくさんありますが、今回は霧島の烏帽子岳。
ルートは、 “新湯温泉側” と “神話の里側” の2か所がありますが、どちらも、駐車場が十分確保できるので新規参加受け入れも問題なし。
景色のいい方を当日までに下見しときます。

年間スケジュール2019年06月 - 鹿児島登山サークル

06月上旬
韓国岳
距離 登り3.80km, 下り3.80km, 計7.60km、累積高低差 登り643m, 下り643m
標準時間 登り02:00, 下り01:40, 行程3:40

オオヤマレンゲ&ミヤマキリシマがちょうどいいころだと思います。
霧島が最も華やかな季節となり、また人出もシーズンを通して一番多くなります。
韓国岳は今のところ、大浪池経由のルートが辛うじて規制を免れていますが、新燃岳が機嫌を損ねないことを祈るばかりです。
また小康状態が続けば、5月連休に向けて規制が縮小されることもあり得ます。

年間スケジュール2019年07月 - 鹿児島登山サークル

07月上旬
高隈山系沢登り

7月と8月、南国低山での尾根歩きは暑すぎでさすがに自殺行為・・・。とりあえず、沢登り初級コースを計画予定です。
新規参加お申し込みが多い場合、霧島あたりの尾根歩きをどこかで追加しましょう。

年間スケジュール2019年08月 - 鹿児島登山サークル

08月上旬
霧島山系沢登り

年間スケジュールで7月と8月に沢登りを計画していますが、サークル内では5月末くらいから活動を始めます。

年間スケジュール2019年09月 - 鹿児島登山サークル

09月上旬
冠岳
9月初旬もまだまだ暑さが厳しいですが、思いっきり汗をかいたあとは、温泉でスッキリしましょう。

09月下旬
屋久島もしくは九重
今年も宿泊登山を計画。
九重連山だと工程短めで一泊。少し山慣れすれば初心者でも十分OK。屋久島宮之浦岳だと、二泊必要でちょっとトレーニングも要りますね。今年こそは、脱日帰りハイキングを目標にいかが?

年間スケジュール2019年10月 - 鹿児島登山サークル

10月下旬
御岳
距離 登り1.84km, 下り1.84km, 計3.67km、累積高低差 登り528m, 下り528m
山渓時間 登り1:40, 下り1:20, 行程3:00

いつも紅葉は霧島ですが、今年は高隅山から。
日が傾き夕暮れが近づいてきたころ、日差しに照らされた高隅山の斜面がとても美しい。
少し遅めに登ってもいいかもですね。ヘッドライトをもって♪

年間スケジュール2019年11月 - 鹿児島登山サークル

11月中旬
野間岳
距離 登り3.21km, 下り4.85km, 計8.05km、累積高低差 登り773m, 下り773m
想定時間 登り1:40, 下り1:30, 行程3:10

南西端にある、九州百名山の野間岳。
2017年の暮れに行ったときは、太郎木場登山口は藪が凄すぎて通行不能でした。たぶん宮ノ山登山口からのピストンで計画。

年間スケジュール2019年12月 - 鹿児島登山サークル

12月上旬
高千穂峰

いつもは高千穂河原からですが、たまには裏から登ってみましょう。
夢ヶ丘コース、天孫降臨コース、霧島東神社、それとも廃道となった小池コース・・・いずれかで出発。
せっかくだから最高難度といわれる小池コースに行ってみますか。難度といっても岩稜ではありません、イバラの藪漕ぎなど嫌らしい難度です(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Go!Go!スケジュール Info

当サークルは山のグレードを区分。そしてメンバーもLv1~5に別け、グレード挑戦の目安としています。
メンバーLvは、非公開記録 “GoGoスコア” を基に算出。

初参加企画
水色ラベル “初参加企画” は、当サークルに初めて参加する方に用意された企画で以下を基準に計画します。
初参加は、初心者から経験者まで全員とりあえず簡単なところ。

体力・難易度はG1~2で眺望がある
駐車場が広い
携帯電波がゼロではない
エスケープルートが取れ、イレギュラーに即日対処が可能
可能ならば花や紅葉イベントと重ねる

グレード2
グリーンラベルG2。初参加企画よりは体力や技術を要したりと難易度が上がる。
そして道具が登山お試しでは厳しい・・・。まずは登山靴、残りの登山道具基本4点は、じっくり検討して当サークル規格に沿った確りしたものを揃えましょう。
また同時に、バランスと体幹トレーニングを意識します。

グレード3
オレンジラベルG3は、だいたい歩行7時間程度の山をザック10kg以上での歩荷訓練。水の入ったペットボトルや実践に近いパッキングで重量調整。標準コースタイム90%目標で、省エネ歩行や岩稜に適した歩行ができているかをチェックします。
3シーズンテント泊のザック重量は、大体12~17kgなので10kgは肩慣らしです。
この辺に慣れてくると、憧れの山へも大きく近づく。

遠征・テント泊
レッドラベルは、“遠征・テント泊”。百名山や二百名山など人気の山で時間を割いた価値は保証します☆
そして山道具も宿泊装備などといよいよ本格的となり、ウルトラライトも意識します。
今年こそは、脱!日帰りハイキングを目標にいかが♪

ちなみに屋久島の宮之浦岳縦走は、ザック10~13kgで無人小屋泊。
1日目、淀川登山口 - 黒味岳 - 宮之浦岳 - 永田岳 - 新高塚小屋 (距離13.4km, 歩行時間7:55)
2日目、新高塚小屋 - 縄文杉・ウィルソン株 - 白谷雲水峡 (距離10.7km, 歩行時間5:40)

沢登り
ブルーラベルは “沢登り”♪
沢登りはれっきとした登山の手段で、さらには登山の知識や技術を高める入門としては絶好のアクティビティなのです。
ここで企画する沢登りは初級レベルなので、基本道具を揃えれば、初心者でも誰でも参加可能。
沢登りとは・・・とか沢専用の道具など、沢登りのページで紹介