Yama Go!Go!

Kagoshima Mountaineering Circle

初めてのザックは中型35L以上

初めての本格ザック

初めてのザックといえば日帰り登山を想定し、そして日帰り登山と言えば20~30Lを推薦するところが多く、また、店頭で35Lを横に並べるとこんなデカいのは要らないんじゃ・・・と20~30Lを選びたくなります。
また、容量が大きくなると価格が上がるのも小型ザックを選びたくなる心理を後押しします。
そして登山専門ショップでも、初ザックと相談すると35L程度を強く推してくるスタッフもいれば、心の底では35L以上がいいと思っているのにゲストの希望を察知してか、本当にそう思ってるのか、このくらいのザックが日帰りには・・・って、小さめのザックを勧めるスタッフもおり、前者は稀です。

サーファーが何枚もボードを持つように、どうせ、山を続ければザック一つでは足りなくなるのですが、値段がいちいち高い登山道具。初期投資も結構かかるので、最初の一つは汎用性の高いザックを選びたい。

ところで、30L以下は小型ザック、大体それ以上を中型ザックと位置付けるブランドが多く、30~35Lを境に商品開発コンセプトも変わってきます。
当サークル推薦は、山を続けるなら日帰りでも35L以上の中型ザック。
最初っから知ってれば・・・ということが無いように、ちょっと細かく見てみましょう。

中型ザック推薦の理由

中型ザック容量
冬です。
冬はダウンジャケット, ニットやハードシェルなどウェアが一気に膨らみます。歩行時はダウンなどザックに突っ込むわけですが30L以下だと厳しい場合があります。
ザックへの収納が難しかったら手で持って歩くか、ザックの外に括り付けるしかありません。紛失の原因にもなりますし、いきなり雨が降りだしたらどうしましょう。
秋でも霧島の山頂は冷え込みます。空気の澄んだ凛とした山とても素敵です。様々な山を経験したい方は小型ザックを選んではなりません。

ウェアだけでしたら30L以下でも問題ありません。しかしそうはいかないのです。
山頂で暖かいもの食べたいと思いませんか?
熱いコーヒーから始まった山頂でのひと時は、次の山ランチはビーフシチューとバゲット、パスタや冷やしソーメン・・・とか、山に登るたび目標はどんどん膨らみ、クッカー(調理道具)も増えていきます。
さらにソロハイクはスキルアップの近道ですが、興味を持ったら、エマージェンシーキットやファーストエイドキットなど・・・。

登山道具が増えることはあっても少なくなることは絶対ありません。ザックに関して間違いなく言えるのは、大は小を兼ねます。
最初小型ザックを選んでも、やりたいことが広がると中型ザックを買い足す羽目になります。
中型ザックを買い足しても、小型ザックが無駄になる訳ではありません。ただ、最初っから想定を広く見ていれば予算を効率的に使えるということです。

登山道具の重量
容量もですが、ザックに入れる登山道具の重量も容量以上に考えないとならないとても大きな要因です。
中型ザックの特徴は、小型ザックに比べ重量物の運搬を想定されるのでウエストベルトや背中に当たる部分の設計も変わってきます。両肩ばかりでなく腰でもしっかり負荷を分散してくれるという訳です。
さらに、大型ザックに見られるフレームパックが、35Lにも装備されている商品もチラホラ・・・例えばグレゴリー・パラゴン&メイブン。

今度は皆で冷製パスタでも作ろうか・・・。ん?それならノンアルで乾杯だ~♪
水分や保冷剤など重量物を運ばないといけない事となっても、負荷分散に優れた中型ザックなら安心ですね。

中型ザックその他メリット
商品開発コンセプトが変われば、サイドポケットやファスナー位置など機能的なモデルが多くなり、より収納が便利に行えなえるのは当然のこと。

そして、意外と考慮されないのが、万が一の転倒・滑落の際、中型ザックは身体を守る範囲が大きいということ。前への転倒は反射的に手をつきますが、後ろへの転倒は無防備。転倒・滑落のダメージの確立を下げます。
ザックは大きいほど安全確保にも一役買うという訳です。
従いまして当サークルでは、岩稜帯などグレードが上がる登山は簡素なザックでは参加できない決まりです。細部にまで安全意識を持てる方がグレードを上げられるという訳です。

オーストラリア・エアーズロックでの話。
知人が下降終盤に足を滑らせ滑落。アッという間の出来事で、ゴツッゴツという鈍い音と共に辺り観光客の悲鳴が方々から響きくと同時、地面に叩きつけられたのです。
しかし・・・しかしです、本人は何事も無かったように起きあがり歩き出して皆を驚かた。
擦り傷や打撲はあちこちに見られましたが、ヘルメットもなく頭や体が無事だったのは奇跡です・・・が、その奇跡に手を貸したのは大きめだったザック以外考えられません。

中型ザックへのネガティブ意見

中型ザックへのネガティブ意見 - 鹿児島登山サークル
初心者がいきなり中型ザックを買うことへのネガティブ意見も記載しときましょう。

ザックが大きいとついつい荷物を詰め込み過ぎ、風の影響を受けやすくやせ尾根や岩稜などでバランスを崩す原因になる。したがって、初心者は30Lにとどめたほうが良い。
確かに一理あるので心に止めおきましょう。
荷物の詰め込み過ぎは気を付けてもらうとして、詰め込みたいのに詰め込めない方が問題と考えます。そして、最近のザックはコンプレッションベルトも気の利いた場所に装備されており、荷物を入れないときはスマートです。

自分の脚力がどれほどか分からないうちから重量物は危険。
もっともです。
山慣れしてない方は、昼食, 非常食, 飲料水, 雨具, 地図, コンパス, ヘッドライト, 鎮痛剤・・・など必要最小限度にとどめます。また、季節も気持ちのいいときから始め、いくつか場数をこなして徐々に慣れていきます。
荷物を詰めたザック重量を体重計で測り、その程度の荷物でどの程度のルートならこなせる・・・という自分なりの基準を作って行くといいでしょう。
その後、いろんなお誘いがあっても中型ザックならほぼカバーします。

ザック選びその他ポイント

1気室 or 2気室
ザック2気室 - 鹿児島登山サークル
ザックの1気室と2気室では意見が分かれるところです。
一般的に言われる2気室のデメリットは、パッキングが上達しない・・・。しかし、当サークルは可能なら2気室を推薦します。
最近は簡易2気室も多く、パッと1気室にも変更できます。

2気室は、なんといってもアクセスが簡単。ザックの底にしまいがちな雨具などをフロントからサッと取出し、また濡れた雨具を他の道具と分別してサッとしまえます。
リーダーから雨具着用!と号令がかかったとき、どこにしまったか・・・ゴソゴソ・・・そのうちパッキングがメチャメチャ。
メンバーはすでに着用が終わり歩行の号令を待っているのに、一人だけ・・・モタモタ・・・。

8mm×20m程度の簡易ロープならスペース的にもいけますし、また、ツェルト(簡易テント)やエマージェンシーシートなど、使用後に泥が付着していてもしまうのに抵抗がありません。
2気室はとにかく有って損は無いと考えます。
2気室は中型ザック以上に多く見られ、その理由からも中型ザック推薦となります。

ザックレインカバー
ザックレインカバー - 鹿児島登山サークル
最近はレインカバー付属モデルが当たり前ですが、一昔前は別売りが常識だったので、現在でも付属してないモデルがあるかもしれません。
必ず、確認しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最近の投稿

More