Yama Go!Go!

Kagoshima Mountaineering Circle

山の花と紅葉カレンダー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1
ミヤマキリシマ 霧島高千穂峰~御鉢
ミヤマキリシマ 霧島高千穂峰~御鉢
May 21 – Jun. 3 全日
ミヤマキリシマ 霧島高千穂峰~御鉢
ミヤマキリシマは、5月中旬頃、標高が低く陽だまりのよい南斜面の高千穂河原地域から開花が始まります。 その後、高千穂河原園地のツツジコース、中岳・新燃岳、獅子戸岳、高千穂峰、えびの高原・大幡山と移ろい、6月初旬に最高峰の韓国岳が山頂を最後にミヤマキリシマのシーズンが終わります。 1メートル程度の低木で、花期はおおむね5月下旬から6月中旬。枝先に2-3個ずつ紫紅色の花をつけるが、桃色、薄紅色の花も見られる。また、気候が似通った秋にも少し咲くことがあります。
ミヤマキリシマ つつじヶ丘
ミヤマキリシマ つつじヶ丘
May 26 – Jun. 7 全日
つつじヶ丘 えびの高原内にあるつつじヶ丘は、人が手を入れて植生の発達(植生遷移)を途中で止めることで、ミヤマキリシマの群落を維持しています。手を入れなければ、アカマツ林、更には極相林(植物遷移の最終段階)へと変わっていくと考えられます。
ミヤマキリシマ 霧島韓国岳
ミヤマキリシマ 霧島韓国岳
Jun. 1 – Jun. 10 全日
ミヤマキリシマ 霧島韓国岳
えびの高原のミヤマキリシマは見どころが、硫黄山周辺, つつじヶ丘, 韓国岳山頂の3箇所が代表的。 最初に開花を始めるのは硫黄山付近。 南向きの傾斜で日当たりがよく、また地熱の影響でミヤマキリシマにとっては心地よい環境が揃っています。 えびの高原内では低い位置にあるつつじヶ丘は冷気が溜まり花芽の生長が遅れるため、硫黄山周辺の見頃が終わりかけてから開花が始まり、6月初旬に見頃を迎えます。
2
3
オオヤマレンゲ 霧島大浪池
オオヤマレンゲ 霧島大浪池
Jun. 3 – Jun. 16 全日
オオヤマレンゲ 霧島大浪池
霧島で一番艶やかなミヤマキリシマがシーズンを終えるころ、山陰にひっそりと咲くオオヤマレンゲが見頃を迎えます。 『幻の花』『森の貴婦人』『山の女王』など、いろいろな最上級の言葉に形容されほど優雅な花で、ほのかに匂う香りがなんともいえません。 そして、自生するのはえびの高原が南限となっています。
4
5
6
ヤマボウシ 霧島高千穂河原
ヤマボウシ 霧島高千穂河原
Jun. 6 – Jul. 5 全日
ヤマボウシ 霧島高千穂河原
ヤマボウシは中国、朝鮮半島、日本の本州から琉球列島に分布します。江戸時代には欧米へ渡り観賞樹木として栽培されています。同じ属のハナミズキに比較すると開花時期が遅く、葉が出たあとに枝先に開花するので華やかさは少ないのですが、梅雨どきの花木としては価値が高い存在です。 花のように見えるのは本来の花弁ではなく、ハナミズキと同様、総苞片(花のつけ根の葉)です。そのため比較的花の観賞期間も長いのが特長です。
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

最近の投稿

More