Yama Go!Go!

Kagoshima Mountaineering Circle

登山リーダーのお仕事

登山リーダーのお仕事

  • CL(チーフリーダー)山行参加者すべての安全を最優先に判断を下す隊長。
  • SL(サブリーダー)CL不在時または機能しなくなった場合の代行者。また、CLをサポートする協力者。
  • Top(トップ)コースリーダーとパーティーの状態に気を配る。
  • Anchor(アンカー)トップのサポーターで、コースリーダーのバックアップ。

トップとアンカーは、当サークルのオリジナルポジションです。一般的には、CL, 第一SL, 第二SL・・・が連携しパーティーをサポートします。
​ここでの記載はハイキング専用で、早い段階から山のスキルが積みやすいようCLとSLの仕事の一部をコンパクト化。
まずリーダーは、登山のマナーを遵守しパーティーメンバーの手本となりましょう。

Top

トップ(先頭)の仕事は、“コースリーダー”と“パーティーに気を配る”の2つ。座学と実践を交え少しずつ慣らしていきましょう。
それと、ポジションはトップでもアンカーのことを理解していないとコミニケーションが取れないので、このマニュアル下段のアンカーも読んでおいてください。
解らないこと、疑問に思ったこと、CLへの質問はいつでも歓迎されます。

コースリーダー
読図に必要なもの
1/25000地図
一辺6cm以上の定規が付くコンパス(ブランドはSILVA, SUUNTO推薦)
読図とは地図読みのことです。まずは山座同定を覚えましょう。

GPSを使う用意
GPSデバイス(ジオグラフィカ推薦
GPS予備バッテリー(スマホだと10,000mAh推薦)
GPSは、地図がオンラインロードしかできない(インストールもキャッシュもできない)タイプは厳禁。

GPSの事前準備
CLが作成したルートをGPSデバイスにインポート。
詳しくは、“登山でGPS活用 – スマホ 前日までのGPS準備”の参照。

GPSルートはCLが作成します。必要なGPS環境はGPSデバイス(ジオグラフィカ)のみで問題ありません。のちにルートを作ってみたくなったら、CLを訪ねてください。
しかし紙ベースの地図とコンパス使用は、登山の基本中の基本なので山座同定くらい覚えましょうか。

パーティーに気を配る
アンカーは見えているか?
オーダーは守られてるか?
パーティーに不自然な間はないか?
疲れた人・体調不良の人はいないか?

後を振り返るペース
100m単位
目標物や出会い分岐など要所
登山道が狭く見通しが悪いところ
勾配がきついところ

パーティーペース
オーダーはCLが山行計画時または当日に決定。
2番目に体力のないメンバーを置く場合が多いので、2番目にペースを合わせる。
ルート目標時間通りに進行中か?
標準歩行時間100%以上となる場合、CLの指示を仰ぐ。

難所
難所では注意点を後続に喚起して、まず自分が通過。
その後、安全地帯まで移動してから、パーティーグループアンカーの無事通過を確認しスタート。
難所とは、滑落や転落発生の可能性がある場所で、注意喚起とは、1名ずつ通過や3点支持など。安全地帯とは、転落の可能性がない場所、かつ、転落の巻き添えにならない場所。あと落石のない場所。

登山者とのすれ違い
自分たちが下りの場合、『はーい、みなさーん左によってー♪』とアンカーまで聞こえるよう大声で促す。
相手がよけてくれた場合、『ありがとうございます!xx名です!』と明瞭に挨拶。待ってくださる方に、どのくらいやり過ごせばいいのか・・・を数字で伝える。グルーが分かれているときは自分のグループの人数。
登山道は、基本左側通行なので避けるときも左だが、道が狭いときや崖があるなど状況によっては右、もしくは、各メンバーに任せるなど臨機応変に。

Anchor

アンカー(最後尾)はトップの役割を理解し後方からの支援に務めます。トップと同等もしくはそれ以上のスキルを要す。
トップとアンカー双方とも、実践者のサポートを受ける場合もありますが、人によって言ってることが違うと感じたら、遠慮なくCLに質問してください。

コースリーダーのバックアップ
コースリーダーは、CLとアンカーで2重にバックアップ。
CLが作成した詳細ルートから逸れたらCLに報告。ジオグラフィカの場合トラックロックオン機能が便利。
GPSは十分な容量の予備バッテリーを用意するなど、特にバッテリーには気を付ける。

パーティーに気を配る
トップは見えているか?
オーダーは守られてるか?
パーティーに不自然な間が空いていないか?

トップへハンドシグナル
トップが後方に気を配るので、目があったら『OK♪』と両手で頭の上に大きな丸を作り合図を送る。『OK』のシグナルは目が合うたび行わなくても、ポイントと考えられる場所で良い。
なにか問題がある場合『ちょっと待って~』とバツを作る。
緊急の場合、トップとCLに叫ぶ。
トップがルートファインディングに夢中で、後方への気配りがおろそかになっている場合はCLに報告。

難所
登り途中のメンバー転落を想定し、パーティーに巻き添えが考えられたら安全地帯で控えるよう促す。
下りの場合、通過が確認されてから次が行くように指示。3点支持ができていないメンバーには、後ろ向きで下り手を使うよう具体的に指示する。

メンバーのパーティー離脱
体調不良やキジ撃ちなどパーティーからメンバーが離れる場合、アンカーは必ず付き添う。例え、そのメンバーが先に行くよう促しても『付き添います』とリーダーシップを示す。オーダーを乱してはいけないし、体調不良メンバーを置いていくことがあってはならない。キジ撃ちにしても、何かのアクシデントが起きるかもしれない。
パーティー離脱は緊急に相当し、トップとCLに叫ぶ。
この場合でもアンカーはトップが見えていないといけない。CLの判断で、付き添いを残しパーティーが歩を進める場合もある。

後ろからの登山者
後ろから自分たちのパーティーより速いペースで人が迫っていたら、『みなさーん、左によってー!』とトップまで聞こえるよう大きな声で。

オーダー
オーダーとは歩く順番で、CLが山行計画時または当日に決定。
特に難しいコースでなければCLは最後尾を歩き、参加メンバー全体を見渡せるようにします。難易度が高いルートではCLがトップ(先頭)を登り後続者を確保。CLがコースリーダーも兼ねる場合は難易度が低くてもトップを歩いたり、また、中間に位置したりもします。
セカンドには一番弱い人を置き、パーティーペースを整える。≪経験者・初心者・経験者・初心者・・・≫の順が、前後から初心者をフォローできて望ましい。

  • トップを歩く人はセカンドにペースを合わせ、オーバーペースにならないようコントロール。
  • CLはパーティーのスピードに無理がないか、メンバーの疲労はどうかを常に確認しながらトップやメンバーに指示を出す。また逆に、現在のペースを維持するとリスクが高まると判断されたら、スピードを上げる場合もある。
  • お互い常に見える範囲内で歩くのが原則だが、CLがパーティー全体を見渡せない程度の大人数は、SLを各所に配置しパーティーを分けてサポートし、状況に変化が生じたらSLはCLへ速やかに報告。
  • 分かれたパーティーに距離が生じる場合、トランシーバーや携帯電話など通信手段を確保。
  • 道間違いの引き返しなどオーダーが崩れた場合、直後に事故が起きやすいのでメンバーを先に行かせない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で