Yama Go!Go!

Kagoshima Mountaineering Circle

登山テント装備 夏~九州3シーズン

登山テント装備 夏~九州3シーズン

テント泊は、テント, 寝袋, 食料と山小屋泊よりチョット大きめとなる。ザックは30~35Lと55~75Lが2つあると、大幅にフィールドが広がるのでこの際買っちゃいましょう♪
テント
1~2人用。前室があるタイプでも、ザック置き場のため1人使用で2人用だと使い勝手がいい。軽量にこだわる方はツェルトなどがベテランっぽい。必要な人はフットプリントも。
クッカー
バーナーストーブやコッヘルなど。必ずしも必要なものではないが、温かいものがあると幸せを感じる。荷物がかさむが他の物を削ってでも持っていきたい。
スリーピングバッグ
九州の秋だと下限温度7℃対応。スリーピングバッグはオーバースペックが安心だが、0℃対応となると一気に大きくなる。悩ましいが、インナーダウンなどウェアで調整が無難。
スリーピングマット
スリーピングバッグとセットで必要。クローズドセルやエアタイプなどありますが、間違いないのはリッジレストソーラー。だがネオエアーは寝心地抜群♪ 1泊ならエアタイプでも。
ランタン
必ず必要なものではなくヘッドライトで済ます人も。しかし、1グループに1~2台あるとすごーく便利。ランタンもLED全盛だけど、マントルの優しい光はやはりいいよね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で