Yama Go!Go!

Kagoshima Mountaineering Circle

登山テント装備 夏~九州4シーズン

登山テント装備 夏~九州4シーズン

テント泊は、テント, 寝袋, 食料と山小屋泊よりチョット大きめとなる。ザックは35~45Lと65Lが2つあると、大幅にフィールドが広がるのでこの際買っちゃいましょう♪
テント
1~2人用。1人使用でもザック置き場になる2人用だと使い勝手がいい。軽量にこだわる方はツェルトがベテランっぽい。グランドシートはあったほうが・・・。
クッカー
バーナーストーブやコッヘルなど。必ずしも必要なものではないが、温かいものがあると幸せを感じ疲れも吹っ飛ぶ。荷物がかさむが頑張って持っていきたい。
スリーピングバッグ
スリーピングバッグはオーバースペックが安心。九州の低山なら秋が深まってもリミット0℃でもいけるが、リミット-5℃まであると安心。夏山なら3000m級もカバー。
スリーピングマット
スリーピングバッグとセットで必要。クローズドセルやエアタイプなどありますが、間違いないのはリッジレストソーラー。だがネオエアーは寝心地抜群♪ 1泊ならエアタイプでも。
ランタン
必ず必要なものではなくヘッドライトでも問題なし。しかし、1グループに1台あるとすご~くムーディ。ランタンもLED全盛だけど、マントルの優しい光はやはりいいよね。

スリーピングバッグ(シュラフ)ってどのくらいのスペックを買えばいい?って質問をよく受けます。
当サークルは2段オーバースペックを提案。暑いのはファスナーを開ければいいですが、寒いのは我慢なりません。寝れなければ体力も回復せず事故につながる危険もあり。

例えば、4月大崩山の無人小屋の場合・・・
延岡の平均最低気温は約8℃。100m標高が上がると気温は0.6℃下がるので、小屋の標高は750mで4.5℃下がることになる。つまり、リミット3.5℃のシュラフが基準。
基準から2段下げ、リミットマイナス5℃を考えると安心♪

しかし体感温度は地形や気象、また体型や基礎代謝などにも大きく左右されるのでオーバースペックを推薦しますが、シュラフはスペックが上がればデカくなり、ウルトラライトを目指せば予算の都合もある。また、自分がどの程度までの山を考えているのかでも選択肢は変わる。
ズバリこれ!というアドバイスは難しい・・・。何度も経験し、自分のスタイルを見つけるしかないのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で